手話カペラ~聴覚障害×アカペラプロジェクト~ 備忘録③

今回のプロジェクト実施にあたり、
手話パートについては長野大学手話サークル「ひまわり」の学生に協力を依頼。
学業やバイト、運転免許取得など忙しいなか練習をしてくれています。
手話表現そのものを意識しつつ、動作のタイミングを全員で合わせる。
そもそも音楽のリズムに手話を乗せるのは思ったより難しい。
撮った動画を見ながら彼らなりに試行錯誤して改良中。
出来るだけ、自主性に委ねます。
ステージ上で手話表現をする5名、歌詞字幕の操作をする大事な裏方1名。
若き彼らの活躍にご注目下さい。
※ハピスポ当日彼らは「しゅわしゅわworldへようこそ!」のブース内で聴覚障害関連のレクリエーションも行っています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です