麻里奈ちゃんのお母様から大切なメッセージ

ハピスポひろば2019
6月23日
長野市ビッグハットステージ企画

障がいのある方や生きづらさを感じている方。そんな方々にとって、音楽が、社会と繋がる為の「窓」になる事があります。

その事を沢山の方に伝えたいと言う想いから、障がいのある方達のコンサート「Colors」が、長野市ビッグハットのステージで企画されています。

ステージ出演者のひとり、マリナーズでボーカルとして活動中の麻里奈ちゃんのお母さんからいただいたメッセージがあります。

お互いに色んな思いや、体験を理解し合えるイベントになるよう、ぜひ、お母様のメッセージを読んでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

ハピスポひろばに出演させていただく、マリナーズの麻里奈です。

重度の知的障害があるため、うまくお話ししたり、文章を書いたりが出来ないので、母がかわりに書いています。

実はみなさんにお願いしたい事があります。

知的障害があるため、「怖いもの」が沢山あります。

ドライヤーや掃除機などの電子モーター音、犬の鳴き声、「よーいドン」のピストルの音、「聴覚過敏」っていうんだそうです。

その中でダントツ1位に怖いのが「風船」です。

風船をチラッと見ただけで、
「バン!!」っていう破裂する時の音がフラッシュバックしてしまい、怖くて、怖くて、逃げ出してしまうんです。

「風船恐怖症」っていうんだそうです。
今まで知らなかったけど、他の人にも、そういう人がいるんですよって、「ハピスポひろば」の運営スタッフの人が調べて教えてくれました。

だけど、イベントには、必ず風船がありますよね。

だから、お願いします。

マリナーズが演奏している時、近くにいる人がもし風船を持っていたら、見えないように隠してくれると嬉しいです。破裂する音がとっても怖いので、ステージ近くでは、出来るだけ風船を破裂させないようにお願いします。

まぁるい風船だけじゃなくて、バルーンアートも怖いので、バルーンアートを麻里奈にプレゼントしたら、飛び上がって、真っ青になって逃げ出しちゃうかも。

客席に風船を見つけたら、風船が見えないように、横向いて歌っちゃうかも。
ごめんなさい。失礼をどうか、許して下さいね。

いろいろ怖いものがあるけれど、麻里奈の歌を聴いてくれて、お友達になってくれる人が大好きです。

いろいろ迷惑かけちゃうかもだけど、一生懸命歌いますから、どうか、マリナーズの歌を聴いて下さいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です