アナログゲームスペース紹介

ハピスポひろば2019

【企画】アナログゲームスペース

企画者:中澤晋一郎

やりたいことをやれるだけやる、を合い言葉に様々な仕事、趣味を重ねてきました。

その中でも一番キャリアが長いのがゲーム。
そして最近最もホットなものがボードゲームになります。

根がゲーム好きなことに加えて、「相手が必要」という遊びは
様々な場面におけるコミュニケーションの醸成、自閉症の子との新たなるコミュニケーションツールとしても日々活躍しています。

今回はボードゲームのみの出展となりますが、やりたいことをやれるだけやる、やってもいいんだ、ということを今回の企画で表現したいと考えています。

【内容】

比較的簡易に遊べるものを数十種チョイスし、プレイスペースを作ります!!!

スペースを最大6卓用意し、各机毎にインストラクターをつけ、
展示スペースにあるボードゲームを遊んでいただきます。
時間を決めて、参加者全員で行えるゲーム(エクストリームス)大会も開催予定です

(^^)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です