ウタノチカラ物語  第13話

ハピスポひろばから明日で1週間。
体調不良がなかなか抜けず、必要最低限の生活しかしてない・・・
先週の今頃は不安とわくわくでいっぱいだったなあ。
さて、ハピスポひろばまで12話のウタノチカラ物語をお届けしてきましたが、
ハピスポひろば後、いろいろな方からいただいた物語をアップしていきたいと思っているので、ハピスポひろばの想い出にまだまだ浸っていただけたらと思います。
第13話はいつも熱いハグをしてくれるHiroさんからいただきました。

『JARNZΩ にじいろLIVE(*´∀`)♪』

昨年のハピスポひろばに来てくれたJARNZΩさん!
ステージの下から
「この音にいつか にじいろの子達にも触れさせてあげたい。いつも頑張っているお母さん達と一緒に。」
そんな事を思っていました。

…まさかの!
Live実現‼️‼️

夢か???

いや。現実だった!!

最幸のLiveでした。

開場時に緊張して
少しピリピリした空気だった(そぅだよね。「この子達とLiveなんてホントに大丈夫かな…途中で出なきゃいけなくなるよね…きっと…」て思うよね。ウチもそぅだったもん(・_・;)

でも。
Liveが進むにつれて
しょうがいのある子達
そのご家族
みんなの笑顔。笑顔。笑顔!

JARNZΩはみんな 優しいし
温かい。
かっこいい。
子供たちが騒ごうが 大声だそうが コンセント抜こうとしようが(笑)
見守ってくれる。
近くに寄っていけば
抱き上げて歌ってくれる。

たくさんの 本当にたくさんの『想い』 あの会場にいた パパ ママ おばぁちゃん 兄弟児達、、、
みんなの笑顔が答えなんだ。 あの場所だから JARNZΩさんだから できた『空間』。
幸せでした。 ありがとうございました!
※にじいろとは今回ライブ会場となった
障がいのある子どもたちも笑顔その家族も笑顔素敵な笑顔であふれた会場でした。
それを温かく受け入れてくれたJARNZΩメンバーにも感謝です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です