♪うたひろば企画への想い~クラウドファンディング残り2日~

毎日クラウドファンディグのお願いですいません。

のこり2日となりましたが、まだまだ開催するための資金が足りていません。

ご協力よろしくお願いします。

 

 

うたひろばをなぜ企画したのか改めて伝えたいと思います。

 

 

障がいのある人もない人も、高齢者も、生きづらさ抱えた人も

いろいろな人の夢を形にするイベントハピスポひろば。

 

「歌には言葉を超えたコミュニケーションがあり、

歌のチカラを伝え人と人が繋がり、

お互いが認め合い理解しあう」

という夢をうたひろばで形にしたいと思いました。

 

うたひろばを通じて、障がいのある方とのかかわり、

そして今まで話していなかった生きづらさを話してくれる方、

歌えないけどわくわくするから関わりたいなど

昨年から引き続き歌、音楽が好きな仲間がたくさん増えました。

 

歌うのが楽しい、歌が大好きのパワーに人が集まるということで、

今年のうたひばではライブを中心に、演じる側も、観る側もパワーをぶつけあって

一緒に歌いひとつになれる空間を作っていきたいと思っています。

 

 

昨年私の歌う姿を観に来てくれた

うたひろばイラストをデザインしてくれた車いすで生活する画家カミジョウミカちゃん。

車いすでも自由に動けてライブに来てもらえるのはビッグハットだから。

 

JARNZΩと歌おうに車いすでお友達と来てくれ繋がったマロくん。

なかなか遠くのライブには行かれないから、長野でJARNZΩが観れてうれしいと

昨年楽しんでくれました。

 

そして、音楽大好きけんちゃんはライブの間ずっと会場を

ぐるぐる笑顔で走り体いっぱいで歌を楽しんでくれました。

 

なかなか普段ライブに行かれない方々に楽しんでもらえるのは

ハピスポひろばならではだと思います。

 

また、昨年のうたひろばのお手伝いではひきこもりの女性と紹介された

ともちゃんとはあちこちおでかけしたり、一緒に歌ったり、

歌を通じて繋がりが深まっています。

 

ハピスポひろば当日、初めて会った知らない人とでも

JARNZΩと一緒に歌い

障がいがある方、生きづらさを抱えた方、様々な方と

最後に開場中が一つになって歌を通じて人との繋がりを感じてもらえたらと思います。

 

 

これを今ご覧になっている方の中に自分の周りには

心身ともに障がいがある方、家族に障がいがある方、

ご自身家族の病気、介護、

シングルマザー、シングルファーザーなどなど、

生きづらさを抱えている方はいないと思っている人が

もしかしたらいるかもしれません。

 

でも、気づかないだけ、知らないだけで、

みんな何かしらを抱えながら日頃がんばったり、

時には疲れてしまったり。。。。

 

楽しいことも、うれしいことも、

悲しいことも、辛いこともある。

それでもみんな生きているんです。

生きていくんです。

私は歌にチカラをもらってみんなで楽しく

生きていけたらなあと思っています。

 

うたひろばを通じてたくさんのご縁をいただき、

また今までのご縁がさらに深まり

みなさんに感謝しています。

 

そんな思いのたくさんつまったハピスポひろば

 

どうかみなさまのお力を貸していただけたらと思います。

 

ハピスポひろば開催のご支援頂く方法として、
次の4つがあります。

1.クラウドファンディングを通じたご支援(個人、個人事業主の方)
https://camp-fire.jp/projects/view/71442

こちらはあと2日です。

2.フラワープロジェクトを通じたご支援(法人、個人事業主の方)
https://swflower.theshop.jp/

3.お振込み(どなたでも)

4.ごちゃまぜカフェにお持ち頂く方法

 

ご協力よろしくお願いします。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です