クラウドファンディングについて

毎年ひろばには、220万以上のお金がかかります。

 

 

外部の方へお支払いするお金が主になります。

 

会場費、冷暖房代、電気工事費、音響屋さん、照明屋さん、椅子、机レンタル代、レンタカー代、近隣全ての児童養護施設の子ども達へのお食事券、チラシ代、大きな物の運搬のための大型トラックレンタル二台分など削るのが厳しい部分ばかりです。

 

それに加えて今回、企画者の皆さんの
企画にかかる総額が60万以上となっています。

 

今回のイベント今までにないことに
トライしています。

 

持ち込み企画のサポートです。

 

障がいがある当事者、障がいがある子供さんを抱えた方達、そこに関わり生きている皆さんから企画を募集し、

 

思うままに企画を立ててもらいました。

 

その結果、前年度より予算が大幅に増えることとなりましたが、

 

ハピスポが消えても、私が居ても居なくても市民が立ち上がり個々に力を持ってもらうことが、

私たちの夢でした。

 

クラウドファンディングへの、手数料の支払いが13パーセントということも含めると、

 

約300万のお金が必要となります。

 

今現在、昨年度からの繰越し金、現金の寄付、補助金で今のところ、手元に約100万の資金があります。

 

ということは、クラウドファンディングが200万にこの上なく近づかないと厳しい結果に終わります。

ここから一週間。

 

 

みんなで、全力で頑張ります!
どうぞ皆さんのお力をお貸しください。

https://camp-fire.jp/projects/view/71442

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です