力を貸してください

まだ十代で、自分の命を自分で終わりにしようとしている子が、自分がこの世から消えた方がいい理由を私に送ってきてくれました。

①勉強しない
②家事を全然手伝わない
③頭が悪いってわかってるのに努力しない
④人に頼ってばかりで自力で頑張ろうとしない
⑤人に迷惑ばかりかけていつも学ばない
⑥クズだからその気がなくてもいつの間にか甘えてる自分がいる
⑦ママのいうとおりに育たない
⑧パパの期待に応えない

「ごちゃまぜカフェ」がスタートして一年が過ぎたした。毎日、沢山の方から様々なご相談を受けています。
私たちが自主企画イベント
「ハピスポひろば」を6年間続けてきた理由は、私たち大人が自分の夢を叶えたいからではなく、その裏の沢山の苦しむ方達の声が耳から離れずにいるからです。
社会のあちこちで、自分やお互いを傷つけ合う沢山の事件が後をたちません。
10代のその少女に聞かれました。
『さやかさん、生きていたら私にも何か出来ることがある?一緒に未来を変えられる?』
大人が諦めなかったら、未来を変えられるかもしれません。
仲間や私が、この7年間をハピスポの活動に費やしてきたのは、イベントまでの人との繋がり、イベントからの人との繋がりが未来を変えていくと感じたからです、信じたいからです。
「人は、人と生きてこそ人」
沢山の人達が同じ時を共有し、笑顔を重ねた時、人は幸せを感じることが出来るのではないかと私は感じています。
「未来、うちらが変えていこう!」
彼女と約束をしました。

どうか、未来を変えていくために
皆さんの力をお貸しください。

高山 さや佳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です